ミサイルマン

看護師の仕事内容や知識、転職に関する情報を公開していきます!

看護師の仕事は、患者様における看護処置を始め、日常生活の援助、医師の診療に関する補助業務があります。

 

しかし、その仕事内容は多岐にわたり、看護師に任されている仕事の内容はかなり多いのが実情です。

 

もう少し、患者様にかかわる仕事に専念したいと感じている看護師の方も多いと思いますが、実際はカルテの記載や多くの雑務業務も多く、患者様ばかりに時間を割いていられない臨床の現実があります。

 

 

看護師としての理想像に少しでも近づき、看護師としてのキャリアを確立するには、自分自身に変化を求めるだけでなく、職場環境を変える努力や、転職を考えることも重要だと感じています。

 

 

そんな看護師の方を応援し、看護師の業務に関する情報やより良い職場で働く情報を中心に説明していきます。

 

 

看護師として辞めたくなる前に

看護師として臨牀で働いていると、多くの不満とともにこうすべきなのではないかと希望も増えてきます。

 

 

まずは、その不満の内容を明確にし、どうすれば解決するのか一つ一つ考えてみてください。
自分自身の悩みは、周囲の方も気にしていることかもしれませんし、同僚に相談してもいいですし、上司に相談してもいいでしょう。

 

 

少しでも、自分自身が看護師として働きやすい環境に変化させることを考えていくといいですよ。

 

そのうえでどうしても今の職場ではやりたい看護師業務が行えない、スキルアップを図れる環境ではないと感じたなら、転職を考えてみるのもいいでしょう。

 

 

看護士が仕事を辞めたくなる理由に関してはこちら!

 

転職時に使える看護師求人サイトとは

転職時にお勧めできるのが、看護師求人サイトでの転職活動です。

 

 

あなたが感じた不満や、今後希望したい条件に合わせて条件腱索をして公開求人を検索することが可能です。

 

 

また、専任のコンサルタントがあなたの希望条件をきちんと理解したうえで、公開求人を紹介してくれるだけでなく、一般的には非公開の好条件求人まで紹介してくれます。自身で求人を探さなくてもコンサルタントが複数の求人を紹介してくれるので、多忙な勤務の中でも転職活動を進めることができます。

 

 

また、求人に関する情報は、コンサルタントがきちんと情報を収集し、あなたが気になった細かい情報まで教えてくれるので安心です。

 

 

また、条件として交渉したいことや、職場環境として知っておきたいことなどもコンサルタントを介してやり取りできるので、余分な気遣いも必要ないですし、利用価値は非常に高いと思います。

 

 

希望の条件の求人が決まったら、コンサルタントが求人側とも密に連絡を取って面接の設置やサポートなどもしてくれるので、安心して転職活動を進めることができますよ。

 

母乳育児中なんですが・・

出産後、絶対に子供は母乳で育てると決めていました。妊娠中からおっぱいマッサージをし、子供を産んでから母乳一筋で育ててきました。そんなわが子も1歳を過ぎ、予想以上にあっさり卒乳しました。

 

 

卒乳して1ヵ月経ったのですが、つい数か月前までパンパンだった胸が、速攻でしぼんだままです。まさに「まな板+梅干し」状態の胸に心が痛いです。あ〜あ、授乳中の胸を記念に残したかった。グラビアアイドルみたいにわざと胸を手で寄せて、写真を残しておけば良かった。

 

 

そんな風に思う日々です。出産前に付けていたブラジャーもサイズが合わずガバガバ、それなのに太ったからかアンダーサイズはキツキツ。今年流行りの白Tシャツなんて、肉肉しくてとても着れません。このままではいけないと思い、姉に相談しました。

 

 

子供を3人産んで、しかもほぼ完全母乳。それなのに抜群のプロポーションを誇る姉です。

 

 

今まで姉にこの手の相談をしてもスルーばかりで、喧嘩になった事もあったほどです。姉はついに毎日続けているサプリを教えてくれました。その名も「B-UPサプリ」で、バストアップとシェイプアップの効果が見込める優秀なサプリだと言います。

 

 

プエラリアという成分がバストップに有効という事実を知らなかった私ですが、どうやらB-UPは純正プエラリア・ミリフィカを100%配合しているとの事。その質や配合量に絶対の自信を誇っているサプリみたいです。

 

 

でも胸が大きくなるという事は、同時に太ってしまうという結果になるのでは?

 

 

その点も姉はしっかり熟知しておりました。B-UPにはダイエット効果のある成分も含まれているとの事で、これなら今の私にぴったりです。早速姉から1袋貰おうと企んだのですが、定期便で送られてくる為にあげる事は出来ないと言われました。

 

 

損した気分にもなりましたが、公式サイトを見たら全額返金保証があるじゃないですか!これなら1度買ってみて、合わなければ電話しちゃえば良いですよね。

 

 

こんな魅力的な商品を黙って服用しているなんて、小さい頃からちゃっかり者の姉ならやりそうなことです。

 

まぁ私の体系を見てさすがに危機を感じた様で、教えてくれた姉に感謝しときます。

 

友人の悩みとは・・?

友達とランチした際、悩んでいる顎ニキビを見事に指摘されてしまいました。

 

顎ニキビの原因は何となく分かっています・・きっと紫外線のせいです。

 

この夏はとにかく外に出る機会が多く、とても大変でした。

 

 

子供達を連れて家族でプール、キャンプ、地域の皆とババーベキュー、夏祭り(真夏だというのに15時から!)川遊び、海、とにかく夏ならではのレジャーはあらかたやり尽くした感じです。

 

 

 

9月に突入すると一気に秋モードとなり、もう2015年の夏は良い思い出に切り替わりました。「な〜つのお〜わ〜り〜♪」なんて歌を主人と歌っています。

 

 

しかし私の肌だけは切り替わらず、むしろ夏の疲れが一気に吹き出物として姿を現した形となりました。勿論日焼け対策は万全にしたつもりで、外レジャーの日は念入りに日焼け止めを塗りました。

 

 

 

しかしそれでも限度がありますし、予定の無い日に急きょ外出する日もあったので、この場合日焼け対策はかなり疎かです。

 

 

 

そんなこんなで肌に紫外線が降り注ぎ、バリア機能が弱り切った私の肌。その肌内部の水分は蒸発し、たちまち乾燥していきます。

 

 

乾燥した肌は硬くなり、毛穴に詰まった皮脂や汚れが放出されなくなります。これがニキビ発生への仕組みで、今に至る訳です。

 

 

 

夏の代償が今来るなんて・・あの時もっと紫外線対策をするんだった、汗を拭いたらこまめに日焼け止めを塗りなおすんだった、オシャレなんか関係なくツバの広い帽子をチョイスするんだった。色々後悔はあるけれど、どれも後の祭りです。

 

 

 

そして怖いのがニキビ痕のリスクです。9月で秋になったけど、日中は日差しが強いです。少々涼しくなったせいで、子供達は公園や動物園に行きたがります。4歳の息子は自転車が好きなので、今度サイクリングに行く約束をしてしまいました。

 

 

 

顎ニキビへとダイレクトに紫外線が注がれる図を想像するだけで鳥肌が立ちます。

 

 

負のサイクルが巡り、きっと今のニキビはニキビ痕へと変化していくのでしょう。はぁ〜嫌過ぎます。見た目も落ち込んでいる私に、友達がニキビ対策グッズをアドバイスしてくれました。そういえばこの友達も、以前大人ニキビが酷くて悩んでいたのです。

 

 

今はすっかり綺麗で美人です。友達にすがってでも、秋が深まる前に徹底的に残暑ニキビを倒してみせます。